外壁&住まいリフォームのこだわり

※当ホームページにおけるすべてのディズニー製品は、パナソニック株式会社とウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の契約ライセンスに基づいて、ケイミュー株式会社が製造したものです。

その1職人が、社長です

株式会社エンジニアユニオンの代表は、外壁、屋根、リフォーム工事を手がける職人です。これまでハウスメーカーなどの仕事を通じて技術とノウハウと積み重ねてきた、経験豊富な現役職人です。

工事を依頼されたほとんどのお客様は、そこで仕事をしている職人がどこの人で、どんな経緯で仕事を請けているのかをご存知ありません。これは、多くの工事を手がけてきた経験から感じたことです。お客様の目の前にいるのは職人ですが、その仕事は元請けや下請けなど、色々な会社を通って職人に依頼されます。このようにお客様と職人が近くて遠い関係だと、お客様のご要望や疑問点などがすぐに職人に届かず、まるで伝言ゲームのように伝わっていきます。その過程で主旨が曖昧になったり、間違った伝わり方をすることもありました。

それなら、お客様と職人が直接やり取りをしたほうが伝わりやすいし、間違いも少ない。しかも、いわゆる中間マージンがない分、かなり安くすることもできる。職人に直接聞ける、頼める会社―これが、私たちエンジニアユニオンの基本的な考え方です。

直接やり取りができることで柔軟な対応も可能になります。 例えば、介護リフォームでよく「手すり」を付け過ぎて歩きにくいといったことも聞きますが、弊社は一方通行の工事はいたしませんのでそのような心配もありません。

お問い合わせはこちら
ページTOPへ

その2必要なのは「提案力」と「説明力」

お客様と職人が直接お話しできるメリットはたくさんあります。予算の中で、少しでも良いものを使って良い工事をする方法を一緒に考えることができるからです。そんな中で、最も必要だと感じるのが、「提案力」と「説明力」です。
その材料を使うことのメリットは何なのか、それによってお客様の生活はどう変わるのか。最善の提案をするのは当然ですが、それをしっかりとお伝えしなければ価値を感じていただけないでしょう。提案力と説明力はそれぞれセットになってこそ価値のあるものだと考えています。

そのためには、お家の状況だけでなくお客様の状況、ご要望にもしっかり耳を傾ける必要があります。エンジニアユニオンでは、定番のディズニーキャラクター、「ミッキーマウス」がデザインされたサイディング材を使用した外壁工事を行っており、とてもユニークだと評価をいただいています。お孫さんが遊びに来られるお爺ちゃんとお婆ちゃんのお家の外壁をリフォームする際に、ミッキーマウスデザインのサイディングをご提案したことがあります。想像にも無かった提案だったそうですが、大変喜んでいただきました。お客様の状況をお聞きした上で、お子さんが来られるお家というイメージを形にしたいという思いをお伝えした一例です。

リフォームは本来、老朽化した家の手直しが最大の目的ですが、その家に住む人の生活を快適に、楽しくするものでなければならないと考えています。

お問い合わせはこちら
ページTOPへ

その3必要のないものだけを省いた「適正価格」

良いものには、それだけお金がかかります。そして、良い仕事にも、それだけお金がかかるものです。最近では激安価格を売りにするような競争も見られますが、プロの目から見て利益を出せるはずがない価格設定のものまで登場しています。そこから利益を出すとなると、材料もしくは人件費を“節約”するしかないでしょう。

エンジニアユニオンは、不明瞭になりがちなリフォーム工事の適正価格にこだわりを持っています。中間マージンや必要のないものを省けば、それだけ安くなります。これだけでもかなり安くなるのですが、これは適正価格です。そこから必要なものまで省いてしまうと、そこから先は何らかの手抜きをせざるを得ず、それでも安くという場合はお断りをすることもあります。長い目で見た時にお客様の利益にならないばかりか、将来的に起きた不具合でエンジニアユニオンの評判を悪くする可能性が高いからです。

ここでも私たちが大切にしている説明力を発揮して、必要なものと省けるものを十分理解していただけるお客様と、末永いお付き合いをするのが、適正価格から生まれるお客様との適正な関係だと思います。

お問い合わせはこちら
ページTOPへ

その4今だけでなく、10年後、その先を見すえて

新築やリフォーム工事の直後というのは、どんな家でもピカピカですが、これは当たり前です。しかし、家は長い時間にわたって風雪に耐え、見た目にも構造的にも劣化していきます。エンジニアユニオンの塗装、外壁、サイディング、各種リフォーム工事はすべてにおいて10年後、またはその先に差が出る工事を行っています。ここはやはり、職人の仕事に対するプライドのようなもので、時間が経ってから徐々に私たちの仕事を評価していただきたいという強い思いがあります。

どんな工事でも完了直後はキレイなので満足度は高いのですが、それが長持ちしないものだったら、次の手直し時期が早くやって来るので、結果的にお客様は損をしてしまいます。後からガッカリされるより、後から評価されたほうが、お客様との関係は長いものになります。潜在的な損をあらかじめ無くすのも、お客様との関係を良くする秘訣だと考えています。

エンジニアユニオンは南海千代田駅からすぐ近くにあります。ここ河内長野市周辺で活発な宅地開発が行われてから数十年、そろそろ老朽化の時期を迎える頃です。そこに住む方々の高齢化も進んでおり、地域事情や将来を考慮した提案ができるリフォーム業者として、これからも皆様の将来を良いものにする提案・工事を行っていきます。

お問い合わせはこちら
ページTOPへ

その5何かと噂の多いリフォーム業界だからこそ

現場でお客様と接していると、色々なことが分かります。時には仕事と直接関係のないご相談をお受けすることもあります。

よくあるのが、住宅ローンの借り換えやリフォーム資金についてです。以前の金利が高かった頃に住宅ローンを組まれた方が、今の低金利ローンに借り換えると数百万円規模の差額が発生するので、それをリフォーム資金にできないかというものです。このことを大々的に宣伝している不動産会社やリフォーム会社もあるので、ご存知の方も多いのでしょう。もちろんこれは可能で、エンジニアユニオンでは数あるローンの中で低金利とされる住宅ローンのご提案、ご紹介を行っています。

火災保険の申請代行についても、同様です。ただ、こちらについては少々グレーな部分も多く、どちらかというと悪徳業者かも知れないが大丈夫だろうか?というご相談のほうが多いです。

このように、工事そのものとは関係のないことであっても、お客様が疑問に思われていること、聞いてみたいことは何でもお気軽にエンジニアユニオンにご相談ください。業界のプロとして、お客様の立場で情報の提供やご提案を行っています。

地域のリフォーム職人としてだけでなく、何でも聞ける知恵袋としてもご活用ください。

お問い合わせはこちら
ページTOPへ